骨盤矯正とはどんなことをするのか

近年体のゆがみが注目されています。腰痛や肩こり、神経痛、精神疾患などあらゆる症状に体のゆがみが関連していると言われ、整体やエステ、ヨガなど様々な方法で体のゆがみに対するアプローチ方法が注目されています。私たちの体は骨、筋肉、皮膚、内蔵など様々な器官が集まってできています。1か所に不具合が起きてしまえば何らかの影響がその他の部分にも影響を及ぼします。特に最近は骨盤のゆがみに着目されることが多々あります。実際に腰という部分は上半身と下半身を繋ぐ部分で、漢字の通り体の要の部位になります。骨盤を取り巻く筋肉の付き方、バランスなどにより体に様々な影響を及ぼします。女性においては出産や月経にも関係する重要な部位です。骨盤周りは特にメンテナンスが重要になります。

矯正を行う前に共通して行うこと

一言で骨盤矯正といっても様々な施術方法があります。矯正といえば整骨院や整体院で受けるイメージがありますが、近年ではエステティックサロンやリラクゼーションサロンでも矯正を取り扱っている店舗がたくさんあります。バキバキと音が出るような整体から無痛整体など様々な方法で骨格のゆがみはアプローチできます。しかし、どこのサロン、治療院でも共通して行う施術は筋肉を入念にほぐすことと、ストレッチです。骨格には必ず筋肉が付いています。筋肉は収縮しながらバランスをとって歩いたり、走ったり、手を動かしたりと様々な動作をします。そのため、骨を動かすには筋肉のハリや凝りを取り除いてから施術する必要があります。それを怠ってしまうと筋肉を傷つけたり、ほかの部位に痛みが生じてしまうこともあるからです。

骨盤矯正はどのような施術をするのか

骨盤矯正は様々なアプローチ方法があります。よく矯正と聞いてイメージするのはバキバキと音が鳴るような施術です。根底が日本武術にある整体、アメリカ発祥のカイロプラクティックが有名です。エステティックサロンやリラクゼーションサロンで行われている整体はカイロプラクティックや筋膜組織を重要視するオステオパシーをベースしたソフトな施術が多いです。しかし、整体や矯正はほんの一時的に歪みを取り除くことができますが、持続力は持ちません。歪みには歪みが生じる理由があり、そのほとんどが生活習慣にあります。ますはその習慣を辞めること、毎日10分くらいでいいので簡単なストレッチをするなど、自己ケアも重要になってきます。ただし、間違ったストレッチなどは体を痛める原因になるので施術者からの指導やアドバイスを受けてから行うのをおすすめします。