骨盤矯正でこんな効果が得られる

最近テレビや雑誌などで骨盤矯正という言葉をよく見かけるようになりました。骨盤の歪みを治すことによって腰痛や肩こり、下半身太りなどを解消するなど様々な効果が期待できることが知られています。骨盤の歪む原因には、運動不足などや長時間のデスクワーク、足を組むなどがあげられます。また、運動をしている人でもいつも同じ筋肉ばかりを使っていると、徐々に全身のバランスが崩れてしまい骨盤の歪みにつながってしまう事もあるのです。骨盤の歪みは一日で治すことは難しいため、もし自分で矯正して症状が楽になったとしても、また少しずつ歪みが出てきてしまう可能性もあります。そのため、専門家によるカウンセリングが重要になってきます。骨盤の歪みは改善するだけで、得られる効果がたくさんあることが知られています。

骨盤矯正でダイエット効果が得られる

太るというと、食べて消費されずに余った栄養が脂肪となって増えていくというイメージがありますが、その他にもストレスが原因で筋肉が脂肪に変わってしまったり、運動不足による代謝の低下などもあげられます。そして実は、骨盤の歪みも肥満の原因の一つとして知られています。骨盤が歪んでいると太ってしまう理由には、以下の点があげられます。まずは、骨盤の歪みにより体内に空間ができ、その空間に脂肪がついてしまうことです。そして、歪みが原因で骨盤がうまく内臓を支えられなくなり内臓機能が低下してしまうためです。骨盤矯正を行うと、血行が良くなり基礎代謝が上昇し、内臓の機能も改善され便秘が解消されます。代謝が上がることで脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果につながるのです。また、骨盤の歪みが矯正されることで、全身の骨の位置が調整され姿勢もきれいになり、プロポーションが良く見えるようになることが期待できます。

女性にとって嬉しいバストアップ効果

骨盤の上には、肋骨というバストが付いている骨があります。骨盤が歪むと、この肋骨が下がってしまいバストも下に垂れてしまうのです。出産後に胸が小さくなったり垂れてしまったという人が多く、これは出産による骨盤の歪みが原因の一つであると考えられています。骨盤矯正をすると、バストアップに影響を与える女性ホルモンの分泌量のアップと血行促進が期待できます。女性ホルモンは、乳腺を発達させる働きがあります。乳腺が発達することで、乳腺を守る脂肪がつきやすくなりバストアップにつながるのです。そして女性ホルモンや様々な栄養を体全身に届ける働きをしているのは血液です。血行を促進させることで、バストアップに大切な女性ホルモンや栄養をしっかり届けることにつながります。このように骨盤の歪みを解消することで、たくさんのうれしい効果が期待できるのです。